あ〜るぐれいはいかが?

あ〜るぐれいはいかが?

理科系雑記ブログ。音楽、生物、仕事etc. くつろぎと思索のひとときを。

職場のみんなでのランチが嫌。お昼くらい一人になりたいあなたへ3つの対処法【体験談あり】

「会社で、ランチを社員みんなで食べる風習があって、正直嫌…。昼休みくらい、1人で休憩したいのに、全然休憩にならない…。普通の会社って、どうなの…?」

 

 

毎日のお仕事、お疲れ様です。本記事は、こんな内容で悩んでいる方向け。

 

 

  • 筆者の経験談
  • 「社員みんなでのランチ」の良い効果・悪い効果
  • 「社員みんなでのランチ」が嫌な場合の対処法

 

ASD・ADHD傾向の、コミュ障で陰キャ。内向型人間の視点から、仕事・就職・転職などについて本音で語ります。フリーターから正社員への就職経験・2度の転職活動の経験あり。

 

 

やっと午前中の仕事が終わって、つかの間の昼休み。「ようやく、1人で一息つける…!」そう思ったのに、「うちの会社は、昼ごはんはみんなで食べるんだよ」と、絶望の通告。ランチの時間すら解放してもらえず、上司や他の社員と一緒の息苦しい昼休憩を強要されている方、いるのではないでしょうか?

 

 

社員みんなでの昼食。仕事仲間と賑やかにやるのが好きなタイプにとっては楽しい時間でも、そうじゃないタイプからすると、別の話。
仲良くない他人と過ごすのがしんどかったり、1人の時間が好きな方にとって、「休憩中やランチ中も同僚と過ごさなければならない」のは、苦痛以外の何者でもありませんよね。

 

 


本記事の結論から言えば、

  • 会社で社員みんなでランチを取る習慣には、必要性が見出せない
  • ランチ時間一人で過ごす勇気が大切
  • 会社で昼休憩を拘束されるのが嫌な方は、それ以外にも現在の職場に苦痛な点がある可能性あり

 

 

 

僕も以前の会社で、昼食をみんなで食べるように強要された経験があり、体験談も踏まえお話ししていきます。

 

 

 

 

「昼食は社員みんなで…」休まる瞬間なんてなかった、人間関係濃密ブラック会社の話【嫌だった経験談】 

f:id:rgrey:20210119151958j:plain


 

僕が前に勤めていた会社は、社員数10人程度、田舎の小さな会社。ワンマンオバサン社長が仕切り、その下に社会人観の押しつけが激しいオッサン&オバサン。良く言えばアットホーム、悪く言えば閉鎖的で独特の空気感が存在する、耐え難く苦痛な職場でした。

 

 


パワハラまがいの言動・若い社員へのいじめ・気分屋な社長・残業代一切なし…などなど、ブラックな環境で嫌な事はいろいろあったのですが、それらと並んで苦痛だったのが「昼休憩を社員みんなで過ごさなければならない」と言う謎習慣

 

 

従わないことで具体的なペナルティがあるわけではなかったのですが、「昼食をみんなと取らない=変なやつ・ここの社員としておかしい」みたいな空気感があったので、しぶしぶ従う羽目に。

(「アットホーム系職場」にありがちな、”職場内の内輪の空気感に染まれる人は仲良くなる・染まれない人は排除される”、わかる人にはわかる感覚ですw)

 


「昼食をみんなで食べること自体が、苦痛かor苦痛じゃないか」は、人それぞれ・性格によりけりだとは思います。
が、僕自身は内向的で人見知り。仲間内で賑やかに過ごすよりは、1人で静かに過ごす方が好きなタイプ。もともとコミュ障、職場内ではキャラを作り何とかその日をやり過ごしているような人間。なので、そもそも「休憩時間を同僚と共に過ごす」こと自体、気疲れするので、回避したいところ。

 

 

加えて、クソほども面白くない内輪ノリ・パワハラ・いじめ・ワンマン社長の自分語り・オッサンの常識論語り・プライベートな事もズケズケ聞いてくる濃密な人間関係…。などなど、苦痛要素の掛け算みたいな職場環境だったので、そんな雰囲気の職場で「社員みんなで昼食」なんて、ありえないくらい嫌でした

 

 


とにかく、休まる瞬間はありませんでした。

 

 

 

 

 

【必要性のなさ】「社員みんなでのランチ」がもたらす、良い効果&悪い効果

f:id:rgrey:20200909175901j:plain

 

 

僕の経験談はこれぐらいにしておいて、ここからは「そもそも社員みんなでのランチの必要性の有無」について、見ていきましょう。

 

 

「社員みんなでのランチ」のポジティブな効果

 

まずは、期待されるポジティブな効果から。

 

 

①社員同士が親密になることで意思疎通が取りやすくなり、職場全体の仕事の効率が良くなることがある

 

休憩時間を一緒に過ごすことで、社員同士が親密になり、仕事における意思疎通が取りやすくなることが考えられます。

 

社員同士の意思疎通が取りやすくなると、円滑なコミュニケーションが実現し、全体として仕事の効率が良くなる可能性はあります。

 

 

②仲間内で賑やかにしたいタイプにとっては、ストレス発散になる

 

仲間内で賑やかにしたいタイプにとっては、社員みんなでランチを取るのは、楽しい時間かもしれません。ストレス発散になり、切り替えて、午後からの仕事に集中できることでしょう。

 

 

「社員みんなでのランチ」のネガティブな効果

 

次は、考えられるネガティブな効果について。

 

 

①本来自由なはずの昼休憩の時間が、拘束される

 

本来、昼休憩は自由な時間。1人でスマホ触ったり、音楽を聴いたり、外に食べに行っても問題は無いはず。ただでさえ1日に8時間も拘束されるのですから、休憩時間くらいは好きにさせてもらわないと、正直身が持ちませんよね。

 

ところが、社員みんなで昼食を食べる風習のある職場だと、貴重な昼休憩の時間すら拘束されることに。社内の内輪で賑やかにしたいタイプは楽しいかもしれませんが、そうじゃない人からしてみれば、地獄です。

 

 

②1人で静かに過ごしたいタイプにとっては、苦痛で気疲れし、全く休憩にならない

 

静かに過ごすのが好きだったり、対人関係が苦手、人の顔色を伺いがち、職場内ではキャラを作っている…。このような方からすると、休憩時間ぐらいは1人にさせてほしい、解放してほしい、というのが本音でしょう。

 

このようなタイプにとってみれば、昼休憩の時間を拘束され社員全員で昼食を取らされると、休憩中も常に気を張っておかなければならず、ひたすら気疲れするだけ。全く休憩になってなりません

 

コミュ障の気質がある人からすると(僕もそうなのですが)、むしろ仕事中の方が会話が少ないので気が楽、まであります。

 

 

* 

 

 

 

「社員全員で昼食」は、確かにポジティブな効果が期待できる場合もありますが、それよりも、苦痛な人にとってのネガティブな効果の方が比重が大きい気がします。

 

もちろん、同僚と昼食をとること自体は、全く悪いことではありません。「集まってランチをしたい人はそうする・そうじゃない人は自由に」が、本来あるべき形でしょう。

 

 

いずれにせよ、職場の習慣として「社員全員で昼食」を強要することに対しては、全く必要性が見出せないので、嫌な場合は従わなくてOK。

 

勇気を持って、苦痛から抜け出すことが重要。ランチ時間を一人で過ごすために、いろいろな方法を試してみましょう。

 

 

 

 



ランチ休憩を一人で過ごすために試してほしい対処法 

f:id:rgrey:20210119154218j:plain

 

というわけで、ここからは社員みんなでランチを取るのが嫌な方向けに、一人でランチを食べるための対処法を紹介します。

 

職場によっては、風習となって根付いているところもあると思いますが、どうにか解放されるように色々と試してみましょう。

 

 

①1人でランチをしたいと申し出る

 

最も直接的なのは、「1人でランチをしたい、昼休憩は1人で過ごしたい」と言う旨をじかに伝えることです。もしこの申し出が快く受け入れられれば、もうあなたは昼休憩やランチのことで悩む必要はなくなるでしょう。

 

 


もちろん、言わずもがな、ハードルの高い方法ではあります。

 

昼食を集まって食べるような習慣がある会社は、内輪の結束力が強い傾向が考えられ、「異質なものを排除することで、集団内の同質性を保っている」と言う性質がある傾向。(学校で起こりがちな、グループからハブるいじめに近いですね) 

 

いずれにせよ、人間関係が濃密だったり、内輪の独特な空気感が存在する会社は、村社会の性質が強いのは否めないでしょう。「1人でランチをとりたい」と言うと、白い目で見られたり、最悪なケースだといじめに発展する、と言うリスクは頭に入れておきましょう。

 

 

しかし、了承を得られれば、もうランチのことで悩まなくてよくなるので、勇気を出して試す価値はありますね。

 

 

②午前中の仕事を長引かせて、昼休憩の時間をずらす

 

業務の特性上・または職場の規則上、昼休憩の時間帯をずらしても大丈夫な場合は、「午前中の仕事を長引かせて、1人だけ昼休憩の時間をずらす」という対処法が使えます。 

 

他の社員たちが昼食をとっている間に仕事をし、他が仕事に戻ったタイミングで1人だけで昼休憩を満喫すれば、社員みんなでの息苦しいランチに付き合う必要はなくなるでしょう。(ちなみに僕は、入社したての頃に多用していました。)

 

 

 

もちろん、毎日毎日これを行っていると、「みんなと一緒に昼食を食べるのが嫌なのでは…?」と思われる原因になります。白い目で見られたりあまり波風立てたくないと言う方は、不規則かつそれ相応の頻度で。

 


ただ逆に捉えれば、ツッコまれた際に「実は1人で休憩したい」と伝えるチャンスではあります。

 

 

③昼休憩の間に用事があることにする

 

昼休憩の間に用事があることにして、社員みんなでの昼食から抜け出すのもありです。

 

 

例えば…

  • 銀行でお金を下ろさなければいけない
  • 子供やペットの世話がある
  • 家に取りに行きたいものがある

などなど。

 

 

ただしこれも、あまり多用はできません。また、突っ込まれた際に整合性のある受け答えを考えなければならない、というポイントも、ややしんどいですね。

 

 



「社員みんなでのランチが嫌」なあなたは、人間関係が濃い職場が向いていない可能性も。

f:id:rgrey:20201212210427j:plain
 

 

さて、ここまで、「社員みんなでのランチ・昼休憩」が嫌な場合の対処法などについて、話してきました。

 

 


が、ここで今一度考えてみてほしいことがあり、それは「社員みんなでのランチに悩んでいるあなたは、もしかすると、今の職場自体が向いていないのでは…?」ということ。

 

 


社員みんなでランチを取る習慣がある職場=「人間関係が濃密・コミュニケーションが濃い・集団の結束力が強い」

こんな傾向があるのでは?

 

 

そもそも、社員みんなでのランチに悩んでいるあなたは、人間関係が濃い職場自体が向いていない可能性もあります。

 

 

ランチの問題は、わかりやすく表層に出てきているだけ。その他にも、あまり意識していなかったり裏に隠れているだけで、人間関係が原因のしんどさに心当たりがある方も多いのでは?また、今はまだ耐えれていても、将来的に苦痛が限界に達することがあるかもしれません。

 

 

「転職」を考えてみるのも、あり

 

「なんとなく今の仕事は向いてなさそう…」と思っても、我慢して働き続けている方も多いのではないでしょうか?

 

辞めたいと思っても、「せっかく入れたし…」「辞めたら次の仕事が見つからないのでは…?」「転職して、もっとひどい環境だったら…?」などなど、不安が次々と心に浮かびがち。今の職場に入社して日が浅かったりする場合は、尚更ですよね。

 

 

無料で利用できるプロ・転職エージェント

f:id:rgrey:20210331173028j:plain


 

今あなたが感じているしんどさや苦痛の度合いにもよりますが、「できれば、今の職場を辞めたい」「自分に向いた職場に転職したい」と少しでも思う方は、いちどプロに転職相談をしてみるのも賢い選択肢です。

 

 

転職エージェントなら、経験豊富なキャリアコンサルタントに相談できます。また、転職エージェントには一般には公開されていない「非公開求人」が豊富に存在するので、「次の仕事が見つからないのでは…?」という心配も低いでしょう。

 

また、優良なエージェントだとブラック企業を徹底排除していたり、応募前に職場の内情を教えてくれたりします。社会経験が浅い方でも利用できる特化型エージェントも存在。

 

 

今の職場に悩んでいたり、転職が頭をよぎったことがあったりする方は、いちどプロに相談してみることで見えてくるものは多いかもしれませんよ。

 

 

 

 

\ブラック企業徹底排除を公言/

第二新卒エージェントneoで転職相談してみる

 

 

 

≫【迷わない】第二新卒が利用できるおすすめの転職エージェントを、タイプ別に3つ以内のみ紹介 【最適が見つかる】

www.rgreyikg.com

 

 

 

 

まとめ

f:id:rgrey:20200909180229j:plain
 

 

本記事の内容は以上。最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にポイントをまとめておきます。

 

✔「社員みんなでのランチ」のポジティブな効果

  • 社員同士が親密になることで意思疎通が取りやすくなり、職場全体の仕事の効率が良くなることがある
  • 仲間内で賑やかにしたいタイプにとっては、ストレス発散になる

 

✔「社員みんなでのランチ」のネガティブな効果

  • 本来自由なはずの昼休憩の時間が、拘束される
  • 1人で静かに過ごしたいタイプにとっては、苦痛で気疲れし、全く休憩にならない

 

✔「社員みんなでのランチ」が嫌な場合の対処法

  • 1人でランチをしたいと申し出る
  • 午前中の仕事を長引かせて、昼休憩の時間をずらす
  • 昼休憩の間に用事があることにする

 

✔「社員みんなでのランチ」が嫌なあなたは、今の職場が向いていない可能性も

  • 人間関係が濃い職場自体、向いていない可能性
  • 他にも嫌なこと・シンドイことに心当たりはない?
  • 気軽にプロに相談してみよう



昼休憩ランチの問題に限らず、職場での嫌なことって、小さなものも合わせると結構ありますよね。「どうにか改善の方向に持っていける対処法はあるか」「工夫できることはないか?」いろいろ試してみるといい予感。

 

それで、「どうも改善しないな…」「そもそもこの職場自体合っていないな…」などと感じた場合は、やめたり転職するのも、賢い選択肢でしょう。

 

 

ソシャゲのガチャと一緒で、職場も一発で当たりを引ける方が珍しいですからね。それぐらいに軽く考えて、視野を広く持ちつつ、賢く生きていきましょう。

 

 

応援してます。

 

 

 

 

✔あなたにおすすめ 

 

~おすすめ記事一覧~

 

【仕事・就職・転職】 

✔フリーターの就職

f:id:rgrey:20201215204022j:plain  f:id:rgrey:20201215213440j:plain

 

✔好きを仕事に

f:id:rgrey:20200828135239j:plain

 

 

昆虫・生物

f:id:rgrey:20200805120433j:plain

 

 

 

【音楽】

f:id:rgrey:20200721190355j:plain  f:id:rgrey:20200722231914p:plain

 

 

 【ハーブティー】 

f:id:rgrey:20200127195815j:plain  f:id:rgrey:20200401215249j:plain

 

 
 
 

~新着記事一覧~