あ〜るぐれいはいかが?

あ〜るぐれいはいかが?

理科系雑記ブログ。潰瘍性大腸炎、音楽、昆虫、ブログ運営。 くつろぎと思索のひとときを。

【危機感】新型コロナの影響で薬剤師転職は難しくなっている⁉︎【結論: スキルアップで差別化】

f:id:rgrey:20200915164404p:plain
悩んでる薬剤師
新型コロナウィルス感染拡大によって、薬剤師の転職がしづらくなっているって本当…?
 
 
こんな不安に答えます。

 

2020年に入り世界的に感染拡大を続けている新型コロナウィルスの影響で、経営が悪化した企業は少なくありません。その被害は、薬剤師の求人にも少なからず及んでいます。

 

  • 新型コロナが薬剤師の転職に与えた影響
  • 薬剤師転職活動において有利になるスキル経験


本記事では、新型コロナウィルスによる薬剤師転職への影響、そして転職を考えている薬剤師がコロナ渦での転職活動を有利に進めるために必要なことについてお話ししていきます。

 

 

f:id:rgrey:20201012174935p:plain
博士
これまでにも増して、積極的に考え行動することが重要な時代。カギは「スキルアップ」です
 
 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染拡大が、薬剤師の転職に与えた影響

f:id:rgrey:20200806145718j:plain
 

新型コロナウィルスの感染拡大が医療業界に与えた影響は多大。その中でも、医療関係企業の経営悪化は、薬剤師の転職にダイレクトに影響を与えていると考えられます。

 

 

新型コロナによる薬剤師転職への影響①: 外出自粛による、病院や薬局の経営悪化

 

新型コロナ感染リスクを避けるため、外出して病院や薬局へ行く患者は減少傾向に。これにより経営が悪化した病院や薬局も少なくないよう。

 

一方、ドラッグストアではマスクを求め行列ができるなど一見繁盛してるようにも見えます。しかし、その他の商品が同時に売れるとは限らず、そのうえ外出自粛や訪日外国人の減少など、コロナによる影響が。やはりドラッグストアも、難しい局面なのは間違いありません。

 

 

新型コロナによる薬剤師転職への影響②: 経営悪化により、現場の人員整理

 

病院や薬局など雇用主の経営悪化により、人員整理がなされている現場もあるよう。来院来局する患者の減少により現場の人手は充足。先行きの見えない経営に危機感を抱いている雇用主側の中には、人員削減へと乗り出している企業もあります。

 

「パートのシフトを削られた」「契約を終了された」など、実際に影響受けた薬剤師も少なからずいるようです。みなさんの周りでも、もしかすると起こっているのではないでしょうか?

 

 

新型コロナによる薬剤師転職への影響③: 薬剤師求人が減少傾向に

 

先行きが見えない状況の中で、新たな採用を控えたり、募集人数を減らしたりしている企業も少なからずあるよう。近年、薬剤師転職が難しくなっている傾向にありましたが、新型コロナウィルス感染拡大により、難易度はさらに加速したと思われます。

 

また感染リスクを避けるため、採用プロセスも変化し始めています。面接で徹底した感染防止対策が行われたり、Web面接を取り入れている企業も。また、採用担当者が在宅勤務で手間取り、採用の合否が出るのが遅くなるといった事態も起こっているようです。

 

 

 

コロナ渦での薬剤師転職を有利に進めるには【スキルアップによる差別化】

f:id:rgrey:20201027004618j:plain
 

コロナ渦においてさらに厳しさを増す薬剤師転職。この状況下で有利に転職活動を進めるためには、周りと差別化できる「スキル」「経験」が非常に重要になってくるといえます。

 

 

薬剤師転職で有利になるスキル経験①: かかりつけ薬剤師

 

「かかりつけ薬剤師」とは、1人の患者の薬の管理を継続的に行う薬剤師のこと。「かかりつけ薬剤師」という名前の資格はありませんが、かかりつけ薬剤師になるためには以下の要件を満たす必要があります。

 

  • 薬局勤務経験が3年以上ある
  • 勤務先の薬局に週32時間以上勤務している
  • 勤務先の薬局に1年以上在籍している
  • 薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定薬剤師を取得している
  • 医療に関わる地域活動に参加している

 

かかりつけ薬剤師は、患者の指名制により成り立っています。上記の要件を満たした薬剤師のうち、患者に指名された薬剤師が「かかりつけ薬剤師」としての仕事を行うことになります。

 

f:id:rgrey:20201012174935p:plain
博士
「かかりつけ医」の薬剤師バージョンですね
 
 

 

かかりつけ薬剤師としての経験やスキルは、薬剤師として薬に対する幅広い知識を持っていることの証明。転職活動において圧倒的な専門性をアピールするのにはこの上なく有利なスキルといえます。

 

✔️「かかりつけ薬剤師」の認定科目を受講できる転職エージェント

ファルマスタッフ に登録しておけば、日本調剤グループ監修のもと、かかりつけ薬剤師認定科目のe-learningを受講できます。無料で様々な教育サポートを受けられるので、とりあえず登録しておくとグッと転職活動が楽になると思います。

 

≫無料でファルマスタッフに登録してみる

 

 

薬剤師転職で有利になるスキル経験②: 訪問薬剤師

 

訪問薬剤師とは主に個人宅で訪問医療を行う薬剤師のこと。高齢化により来院来局が難しい患者が増えるに伴い、訪問薬剤師の需要は大きくなると考えられます。

 

訪問薬剤師は、通常の薬局薬剤師が兼任する場合が多い業務。そのため、転職活動において訪問薬剤師のスキルや経験があることは、対応できる業務の幅広さをアピールするのに非常に有利になるといえます。

 

 

薬剤師転職で有利になるスキル経験③: コミュニケーション力、マネジメント能力など

 

意外かもしれませんが、薬剤師業務と直接的に関係のないコミュニケーション力マネジメント能力も、転職活動においてアピールできるポイント。

 

コミュニケーション力は、患者や客と円滑にやり取りするのに欠かせません。また、訪問薬剤師の業務では、患者や家族から情報を聞き出したり、その他の医療専門家との連携も含まれてきます。円滑なコミュニケーションを取れることを見せられたら、それだけでアピールポイントになります。

 

またドラッグストアでは販売業としての一面が強いので、店舗全体を見渡せるマネジメント能力も重宝されたりします。

 

f:id:rgrey:20201012174935p:plain
博士
面接におけるコミュニケーションに不安がある方は、いちどプロに見てもらってアドバイスを受けるのがお勧めです
 
 

 

 

 

【薬剤師転職】新型コロナウィルスの感染状況によってはさらに難しくなる可能性も

f:id:rgrey:20201027004731j:plain
 

新型コロナウィルス感染拡大によって、求人状況は刻一刻と変化しています。今後の感染状況によっては薬剤師転職の難易度はさらに増す可能性も充分に考えられます。
逆に言えば、最新のニュースにアンテナを立て迅速に行動することで、周りより有利に転職活動を進めることができると言えるでしょう。

 



コロナに負けず、転職でより良い人生に【日ごろから考え、素早く行動】 

f:id:rgrey:20200722222628j:plain

 

ただでさえ難しくなっていた薬剤師転職。そこに新型コロナウィルスの感染拡大が加わり、誰も経験したことがない領域に入っているのは間違いないでしょう。

 

とは言え、優秀なスキル・経験や素早い行動力は、困難な状況においても周りと差別化できる要素になるといえます。これまでにも増して、積極的に考え行動することが強みになる時代ですね。

 

思い立った「今」が行動のタイミングだったり。コロナに負けず転職を成功させて、より良い人生を目指しましょう。応援してます。

 

 

 

✔合わせて読みたい

~おすすめ記事一覧~

 

【潰瘍性大腸炎】 

f:id:rgrey:20200820162044j:plain       f:id:rgrey:20200806145533j:plain

 

f:id:rgrey:20200820141910j:plain  f:id:rgrey:20200722231840p:plain

 

 

【ブログ運営】

f:id:rgrey:20200722215753j:plain  f:id:rgrey:20200504161718j:plain

 

 

【音楽】

f:id:rgrey:20200721190355j:plain  f:id:rgrey:20200722231914p:plain

 

 

 【ハーブティー】 

f:id:rgrey:20200127195815j:plain  f:id:rgrey:20200401215249j:plain

 

 
 
 

~新着記事一覧~