あ〜るぐれいはいかが?

あ〜るぐれいはいかが?

理科系雑記ブログ。潰瘍性大腸炎、音楽、昆虫、ブログ運営。 くつろぎと思索のひとときを。

女系天皇の問題、何がダメなの?【調べて、噛み砕いて解説してみた】

河野太郎防衛大臣の発言で注目が集まっている「女系天皇」の是非を問う問題。

 

「そもそも女系天皇の定義とは何か?」
「女系天皇の何がダメとして問題になっているのか?」

 

難しい問題ですが、できるだけわかりやすく噛み砕いて見ていきたいと思います。

 

 

 

 

女系天皇の定義とは?

 

女系天皇とは「母親が皇族の血を引く天皇」のこと。「天皇自身が男性か女性か」とは全く別の問題です。つまり「女系天皇」と「女性天皇」は全く別の意味を持ちます。

 

 

 

 

女系天皇の何がダメと言われているのか?

 

前述したように、「女系天皇」とは「母親が皇族の血を引く天皇」のこと。これと「女性が天皇になる」と言う「女性天皇」の問題とは何が違うのでしょうか?

 

「女性天皇」の問題の場合は当然のことながら、「女性蔑視」という「ジェンダーの問題」に帰結します。明治に定められた「皇室典範」では、天皇になれるのは「男系男子」に限定されています。しかしながら、約2000年と言われる皇族の歴史を遡れば、過去にも女性天皇は存在しました。ですので、女性天皇については、2000年守られ続けてきた後続の歴史の中においても例があり、数は少ないものの認められてこなかったわけではありません。
そして現代における男女平等を基本とするジェンダー観も相まって、「男系女子」が天皇になれる「女性天皇」問題については、これから先寛容になってくることが期待されます。

 


一方で、今回問題になっているのは「女系天皇」の問題。女系天皇問題とは「天皇自身が男性か女性か」は関係なく、「天皇の父親と母親のどちらが後続の血を引いているか」についての問題です。
ジェンダーの問題は一度横に置いて、知識として知っておきたいのは、「皇族の約2000年に登る歴史上において、一度の例外もなく、男系天皇つまり父親が皇族の血を引いている天皇が、ずっと皇位についてきた」ということ。女系天皇を認めると言うことは、もちろん「ジェンダーの面の問題」も含んでいますが、それより問題となっているのは「2000年の歴史に基づく、皇族の定義を根幹から揺るがす問題」ということなのです。

 

 

 

 

男系天皇が継承されてきた背景:女性皇族は、結婚すると皇族でなくなる

 

なぜ2000年の間、男系が継承され続けてきたのか不思議ですよね。これには「女性皇族は民間人と結婚すると皇族でなくなる」という皇族の決まり事が関係しています。女性皇族の結婚相手が皇族でない限り、結婚した時点でその女性は民間人となるわけですから、もちろんその子供も一民間人の子供と扱われるわけ。つまりこの「女性皇族を母に持つ子供」には当然のことながら皇位継承権は無いわけなのです。

 

2020年現在において、愛子さまの皇位継承の是非の議論対象となっているのは、女系天皇を将来的に生み出す可能性があるから、という点。愛子さま自身は父親が天皇ですので「男系女性」。問題はその後で、愛子さまが結婚され子どもが出来た時、その子が男性であれ女性であれ、「女系天皇」が誕生してしまうというわけなのです。

 

 

現代の価値観においては、もちろん疑問はある

 

これが例えばつい数十年の歴史の問題であれば、また一民間人の家の跡取りや会社の後継者問題であれば、これほどまで問題になることはありません。令和の現代においては、男性が跡取りになる、もしくは男性の血を引く後継者候補が跡取りになる、というような男尊女卑的な価値観は、もはやタブーといえるでしょう。

 

女系天皇問題も、「現代のジェンダー観」と言う点においてのみから考えると、大きく疑問は抱かざるを得ません。

 

 

問題となっているのは、長い歴史により裏付けられた、天皇の定義の正当性

 

現在の天皇家の何がそんなに重視されているのか?それは、「2000年もの間ずっと男系が継承されてきた」と言う、血筋において圧倒的統一性を持つ家系であると言うこと。これは世界的に見てもレアな家系です。

 

レアであること、希少性があると言うこと、これはそれ自体に価値があります。古い建造物が価値が高いとされ、世界遺産になるのと本質的には似ていますね。女系天皇を認めることの懸念の1つとして、この「レアさ」「希少性の高さ」に基づく価値が失われてしまう可能性が挙げられるわけです。

 

 

天皇になりやすさが単純計算で2倍になる

 

もう一つ懸念と考えられるのは、「天皇になれる確率が単純計算で2倍になる」ことです。女系天皇を認めないということは裏を返せば、(旧皇族・評論家の竹田恒泰氏の言葉を参考にするならば)「民間男性を排除する」ということとも言えます。

 

これにより天皇の希少性を高くしているとも言えますね。

 

 

 

 

 

天皇とは、現代日本の象徴。女系天皇問題は、それ故繊細な問題とされる

 

とは言え現代の価値観に当てはめてみると、やはり「男性」「女性」と言う性差が含まれている限り、ジェンダーの観点において疑問を抱く事は不思議ではありません。また皇族と言えど、民間人と同じく、イチ人間でありイチ「生物」。男性の行為継承者がゼロになる事態も、将来的に可能性としては十分に考えられます。

 

一方で、天皇とは日本国憲法における国の象徴である存在。その定義が簡単に変えられるものであっては、日本国憲法に基づく日本という国の根底に関わる問題でもあるのです。

 

どちらにも納得できる主張はあります。皆さんは女系天皇、どう考えますか?

~おすすめ記事一覧~

 

【潰瘍性大腸炎】 

f:id:rgrey:20200820162044j:plain       f:id:rgrey:20200806145533j:plain

 

f:id:rgrey:20200820141910j:plain  f:id:rgrey:20200722231840p:plain

 

 

【ブログ運営】

f:id:rgrey:20200722215753j:plain  f:id:rgrey:20200504161718j:plain

 

 

【音楽】

f:id:rgrey:20200721190355j:plain  f:id:rgrey:20200722231914p:plain

 

 

 【ハーブティー】 

f:id:rgrey:20200127195815j:plain  f:id:rgrey:20200401215249j:plain

 

 
 
 

~新着記事一覧~