あ〜るぐれいはいかが?

あ〜るぐれいはいかが?

理科系雑記ブログ。音楽、生物、仕事etc. くつろぎと思索のひとときを。

【本音】高学歴フリーターは就職に有利?それとも…?【強みだが、時に目を曇らす】

 

f:id:rgrey:20201203155914p:plain
悩んでる人
「高学歴でフリーターをしているけど、将来が不安…」
「高学歴フリーターは、就職に有利?」

 

 

こんな方向け。

 

 

偏差値の高い大学を卒業したけど、様々な理由からフリーターをしている人は多いと思います。しかし、「このままで将来大丈夫かな…?」と不安を感じている方も多いのでは?

 

 

結論から言うと、「高学歴は学習能力の高さは強みだが、時に目を曇らせることもある」。本記事では、「高学歴フリーターと就職」に焦点を当て、就職成功のコツや考え方のポイントなど、深掘りしていきます。

 

 

進学校卒業後、大学に進学、その後フリーターから正社員への就職に成功した経験のある筆者が、本音で喋っていきます。

 

 

  • 高学歴フリーターの特徴
  • 高学歴フリーターの悩み
  • フリーターでも高学歴なら、就職に有利?
  • 高学歴フリーターの就職成功のコツ

 

 

本記事を読めば、就職で悩む高学歴フリーターのあなたにとって、今後の行動が見えてくる予感です。

 

 

 

 

 

 

高学歴フリーターの、タイプ別の特徴 

f:id:rgrey:20210129173657j:plain

 

ひとことで「高学歴フリーター」といっても、その背景は人それぞれだと思います。高学歴でフリーターをしている方の特徴を、タイプ別に紹介。

 

 

あなたも、どれかに当てはまるのではないでしょうか?

 

 

就職活動に失敗した

 

「学生時代に就職活動したものの失敗、そのまま卒業し、フリーターになった」と言う方は多いのでは?

 

 

特に有名大学出身だと、どうしても大手企業に就職したいという気持ちが強くなりがち。知名度の低い中小企業はプライドが許さず、大手ばかり受けたものの、全て失敗…というのは、高学歴の方によくあることです。

 

 

大手企業に合格するため、一時的にフリーターと言う道を選択。しかし、気づけば「ダラダラとフリーター期間が長くなって、焦りが…」という方は、多い予感。

 

 

やりたいことが見つからない

 

大学在学中にやりたい仕事が見つからず、就職活動せずに卒業、消去法的にフリーターになった方もいるでしょう。

 

 

大学卒業したての頃は、「とりあえずバイトでもしながら、自分探し」と気楽に考えがち。しかしフリーター期間が長くなってくると、周りの同世代はみんな就職、急に焦りに襲われたり。

 

 

とは言え、「ハタチそこらで、これからの人生を決めろ」という、新卒採用主義の日本社会も、どうかと思いますが…。

 

 

夢を追いかけている

 

「夢があり、実現に向けて努力している過程で、一時的にフリーターをしている」と言う方もいるのでは?

 

 

しかしなかなか思うようにいかず、「諦めて就職したほうがいいのかな…?」と悩んだり。音楽や芸能など、目指しているものは人それぞれだと思いますが、才能や実力がモノを言う世界だと、必死にがんばっても結果が出ない人の方が多いもの。

 

 

「もうちょっとだけ夢を追いかけてみようかな…?」一方で、「いやでも、現実的にこのままの生活では、将来厳しい…」と、葛藤しがち。夢を追いかけ、並大抵ではない時間や労力を費やした方も多いはず。うまくいかなかったとき諦める決断は、難しかったりします。

 

 

病気などで、やむを得ずフリーターをしている

 

「病気などでフルタイムで働くことが厳しく、やむを得ずフリーターをしている」と言う方もいるかもですね。

 

 

正社員に就職すると、基本は「週5日・1日8時間」働かなければなりません。身体的・精神的に制約がある場合は、なかなか厳しいもの。

 

 

もしそれでも、「安定した正社員が良い」と努力している方は、在宅でできる仕事など「身体的・精神的に負担が少ない職種」を目指すのが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

高学歴フリーターの悩み・葛藤【正確に、認知しよう】

 

f:id:rgrey:20210129174141j:plain

 

高学歴でフリーターをしている方は、他のフリーターとは少し違った悩みや葛藤に苦しんでいたり。重要なのは、「ときに無意識的な心の声を、正確に、認知する」こと。

 

 

自分が何に悩み苦しんでいるのか、正確にメタ的に認識することで、今後の人生においてとるべき行動が見えてきます。

 

 

  • 社会でやっていけるのか不安
  • 就職する平凡な人生に、抵抗・拒絶感がある
  • 夢をあきらめて、挫折を認めたくない
  • 大人になるにつれ、どんどん生き辛くなっている感覚

 

 

社会でやっていけるのか不安

 

高学歴でフリーターになった方の中には、「小さい頃から勉強ばかりで、社会経験が少ない」という方は多いのでは?中には、大学時代にアルバイトを経験していない方もいるでしょう。

 

 

学校での勉強だと、「正解or不正解」がはっきりしている世界。習った以外の内容に対処する必要は、基本的にありません。

 

 

しかし社会人になると、その場その場で臨機応変な決断を求められたり、「こういう場合は、一般常識ではなんとなくこうする」といった暗黙のルールがあったり。「白でも黒でもない、正解のない問題」が多い世界です。

 

 

アルバイトと言えど、大学を卒業して社会を経験したことで、社会の厳しさを肌で感じている方もいるでしょう。「学生時代までとは勝手が違う、わかりづらい世界」にて上手くやっていけるのか不安な方は、多い予感です。

 

 

就職する平凡な人生に、抵抗・拒絶感がある

 

高学歴だと、学生時代は成績が良く、自然とプライドが生まれるもの。そのため、「自分は優秀な人間だ」「だから、大人になってからも有能さを発揮して、成功する」といった、漠然とした成功する人生を描いていたり

 

 

しかし、学生時代の優秀さと、仕事において求められる能力は、まったくの別物だったりします。社会に出て、急にうまくいかないことが増えた人も多いでしょう。

 

 

とは言え、高学歴のプライドがあり、普通に就職する人生に成り下がるのには抵抗があったり。特に、「学歴関係なく誰でも入れそうな、名もない中小企業」にて平凡な社会人としての人生を送るのは、認めたくなく受け入れがたい…という方もいるのではないでしょうか?

 

 

夢をあきらめて、挫折を認めたくない

 

夢を追いかけている人にとって、夢をあきらめ就職するのは、それすなわち「挫折を認める」に等しい選択だったりします。

 

 

音楽、芸人など、追いかけている夢はそれぞれだと思いますが、情熱を持って努力していることでしょう。夢の実現のため、並大抵ではない時間と労力を、つぎ込んできたのではないでしょうか?

 

 

だからこそ、すべてを注ぎ込んで懸けてきた夢にいったん区切りをつけ、就職することは、苦しい選択だったり。「挫折」すなわち、「これまでの自分の人生を、否定する」に等しい、耐え難い感覚を、覚えがちなもの。

 

 

とは言え、視野を広くすると、「いちど人生を安定させてから、もう一度夢を追いかける」も、選択肢です。

 

 

大人になるにつれ、どんどん生き辛くなっている感覚

 

高学歴の方の中には、「幼少期は優秀で”神童”だったのに、大人になるにつれ、どんどん落ちぶれ生き辛くなっている…」といった、苦しい感覚を感じている方もいるかもしれませんね。

 

 

学生時代の勉強における優秀さと、社会に出て仕事をする上で求められるスキルは、ときに全くの別物だったり。

 

 

また、学問における才能が優れている人の中には、対人関係やコミニケーション能力などに苦手意識を持っている方も、意外に多かったりします。こうした社会での生きづらさには、ADHDやASDなど、いわゆる「発達障害」が関係していることも

 

 

「社会での著しい生き辛さ」を感じている方は、いちど診断を受けてみたり、心のケアをしてみたりするのも、良さそう。「生き辛さ」の正体が見えてくるかもしれません。

 

 

f:id:rgrey:20201012174935p:plain
博士
当てはまるものがあった方も、多いのではないでしょうか?一方で、ひょっとすると全く別の悩みを抱えている方も、いるかもしれません。いずれにせよ、無意識的な心の声を言語化し、メタ的に自認することで、今後の人生について見えてくるものがある予感です。

 

 

 

 

 

 

 

フリーターでも、高学歴なら、就職に有利なの?

f:id:rgrey:20201006141533j:plain

「今フリーターをやっていても、”高学歴”の看板があれば、就職に有利だったりするの?」こんな疑問を持っている方も、多いのでは。

 

 

学力を活かして就職できる職種は、確かに存在する

 

結論から言えば、「学力を活かして就職しやすい職種は、確かに存在する」ということ。

 

 

例えば、官僚や県庁・市役所の職員などの公務員になるには、ある程度の難易度の筆記試験が課される場合がほとんど。また、弁護士・行政書士・社労士など法律を扱う職種は、学生時代に勝るとも劣らない勉強量を必要としたりします。

 

 

上記のような仕事に就職するには、確かに「学力の高さ」は有利になります。

 

 

ただし「学歴」がそのままアドバンテージになるわけではない

 

職業によっては、「いわゆる5教科の勉強」とは全く別の勉強が必要になることも。もちろん、学生時代に培った勉強の方法やコツなどは大いに活かせますが、「新しく勉強すること」が前提だったりします。

 

 

つまり、「学歴がある→就職において直接アドバンテージになる」というのは、あまり多くないと言うこと。学歴重視の傾向は、どんどん低くなっています。強いて言うなら、「古い考え方の企業にて、学歴以外おなじような条件の応募者がいた場合に、有利になるかな、、」位なところです。

 

 

✔️「就職できるか?」と「その仕事に向いているか?」は、別の話

 

そして重要なのは、「その仕事に就職しやすいかどうか?」と「その仕事に向いているか?」は、全く別の話、ということ。

 

 

「勉強ができるかどうか?」のモノサシだけで、自分を測ってはいけません。例えば「人前で話すのが得意か?」とか「1つのことに集中するのが好きか?」など、あなたの特性や向き不向きを判断する尺度は、無数に存在するのです。

 

 

例えば、「暗記系の勉強が得意だから、勉強して弁護士を目指す」といった人は、確かに試験には合格するかもしれません。しかし、人前で話すのが苦手だと、働き始めてから苦痛になるかも…?いうわけ。

 

 

よって、学歴や学力は「無数にあるモノサシの1つ」程度に考えておいて、その他の特性にも目を向けた方が、本当の自分が見え、充実した人生につながると言えるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

高学歴フリーター就職成功のコツ【活かせる場合は活かす/プライドは役に立たない/学力以外の得意にも目を向ける】

 

f:id:rgrey:20210119154218j:plain


 

ここからは、高学歴フリーターが、就職において成功するためのコツをみていきましょう。

 

 

  • 高学歴から来るプライドを、捨てる
  • 学力以外の、自分の特性・適性にも目を向ける【フラットな視点にて、タグづけ】
  • 学力を活かし、資格を取得してから就活するのもあり
  • ひとりで抱え込まない

 

 

1つずつ、解説。

 

 

高学歴から来るプライドを、捨てる

 

大学で学んだことや学びの日々に誇りを持つのは、素晴らしいこと。

 

 

ただそれとは別に(あなたは違うかもですが)、高学歴の人の中には、学歴、つまり「偏差値が高い大学の、元・学生であること」に対して、強いプライドを持っている人がいます。しかし、残念なお知らせがあり、過去の栄光から来るプライドは、あなたの目を曇らせるだけで、今後の人生において役に立たないということ。

 

 

例えばの話ですが、もしあなたが自然が好きで、花屋さんだったり農家が割と向いている性格だったとします。しかし、高学歴のプライドから「大手企業以外ありえない!」「IT系で成功する!」「年収○百万円以上!」みたいな偏見や縛りを生んでしまうと、惜しいことに。学歴のプライドから来るフィルターで目が曇り、本当の適性から目を逸してしまうかもしれません。これでは、充実した人生は、ずっと手に入らない予感。

 

 

また、「学歴で人を見下すタイプ」は、自分でも気づかないうちに傲慢さが滲み出ていたり。これでは、相手に不快な印象を与え、何をやっても上手くいくわけありませんね。

 

 

プライドに固執している心当たりがある方は、まずはプライドに意味がないことを理解し、冷静な自己分析を意識すると良さそう。自分の適性について客観的な意見を知りたい場合は、就職エージェントなどプロに相談してみると、見えてくるものがあるかもです。

 

 

学力以外の、自分の特性・適性にも目を向ける【フラットな視点にて、タグづけ】

 

若干さっきと被るかもですが、「学力以外の、自分の特性・適性に目を向ける」ことを意識すると、充実した人生につながる予感。

 

 

高偏差値や有名な大学を卒業しているあなたは、自分に対して「高学歴」とか「勉強ができる」と言う”タグ付け”を、無意識にしているかも。ですが、学力や学歴は、「無数にあるタグのうちの1つ」にすぎません

 

 

例えば「1つのことを極めるのが好き」「おしゃべりが好き」みたいなラフな感じでOK。「学歴・学力」以外のモノサシに目を向け、フラットな視点にて自分をタグづけしてみましょう。これまで見えてこなかった、意外な自分を発見できるかもしれません。

 

 

学力を活かし、資格を取得してから就活するのもあり

 

一方で、学力の高さを生かし資格を取得するのも、選択肢。「高学歴」であるということは、すなわち「能力的な面で勉強が得意or効果的な勉強方法を知っている」という圧倒的強みであることは確か。もちろん、資格を取るのにも、自分の特性・適正に合った職業であることが前提ですが。

 

 

職業にもよりけりですが、資格を持っていることで有利になることは多いでしょう。「今すぐ就職したいか?」「時間がかかってても資格を取りたいか?」自分の状況に当てはめ、考えてみましょう。

 

 

≫【差別化】フリーターの就職において有利になる資格8選

 

 

ひとりで抱え込まない

 

フリーターの就職成功において、ある意味最も重要なのは、「ひとりで抱え込まない」こと

 

 

大学生だと、周りに情報交換できる仲間がいたり、就職支援課みたいなところに相談できたりしますよね。しかし、フリーターの就職活動は、自分から手を伸ばさない限り、孤独な戦い。特に、高学歴だったりでプライドがある人ほど、周りに頼るのを嫌がり、ひとりで抱え込み消耗する傾向にありがち。

 

 

フリーターが就職活動において、誰にも頼らず1人で抱え込むと、精神的にも肉体的にも負担が重くなるのは否めません。手が回らず失敗したり、就職活動自体がしんどくなり途中で放棄してしまったり、最悪の場合は心身ともに病んでしまう可能性も。

 

 

とにかく、周りの第三者でも頼れるプロでもいいので、ひとりで抱え込まず相談することで、スッと楽になり、未来が開けてくる予感です。

 

 

≫【100倍楽】フリーターにおすすめの就職エージェント3選【迷ったら、これだけでOK】 

 

 

 

✔️学歴など、「過去の栄光」にすがるプライドは、人生において障害な話

f:id:rgrey:20201212210427j:plain



人生のあらゆる局面において、「過去の栄光」にすがるプライドは、あなたの成長を阻む障害になるでしょう。これは、学歴だけに限った話ではありません。

 

 

「過去の栄光」にすがっている限り、人は”それ”に満足し、ときには”それ”が傷つくことを恐れ、それ以上の成長しようとすることをやめます。

 

 

「偉そうに過去の自慢話をするオジサン」に対して、不快感を持った経験がある方も多いでしょう。あれが、「過去の栄光」にすがったまま、歳だけ重ねた人間の末路。

 

 

あなたは、そうなってはいけません。Wikipediaにあなたの人生の概要をまとめられたとして、特筆すべき事項が「学歴」だけでは、嫌じゃないですか。

 

 

高学歴の”しがらみ”から解放され、フラットに戻った先に、見える景色

 

プライドに固執している人でも、何かの機会でハッと気づいて、改心することもあるでしょう。ひょっとすると、いちど普通を経験することで、変なプライドがスッとなくなるかもしれません。

 

 

いずれにせよ、もしあなたが「高学歴」のプライドをこじらせているなら、その”しがらみ”から解放されたときに、見えてくるものがあるはず。フラットな視点にて、本当の自分に出会えた時に、これまで考えもしなかった人生の選択肢が、見えることもあるでしょう

 

 

頼ってみるのも、アリ

 

長々と話してきましたが、あなたに当てはまってなかったらスミマセン。。もし、あなたが「高学歴」のしがらみに苦しんでいるなら、誰かに頼ってみることで、解きほぐしていく第一歩になるかもです。

 

 

≫【100倍楽】フリーターにおすすめの就職エージェント3選【迷ったら、これだけでOK】 

 

 

 

 

まとめ

f:id:rgrey:20200909180229j:plain



長くなりましたが、本記事の内容は以上。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。以下に、ポイントをまとめておきます。

 

 

✔️高学歴フリーターの特徴

  • 就職活動に失敗した
  • やりたいことが見つからない
  • 夢を追いかけている
  • 病気などで、やむを得ずフリーターをしている

 

✔️高学歴フリーターによくある悩み・葛藤

  • 社会でやっていけるのか不安
  • 就職する平凡な人生に、抵抗・拒絶感がある
  • 夢をあきらめて、挫折を認めたくない
  • 大人になるにつれ、どんどん生き辛くなっている感覚

 

✔️高学歴フリーターが就職に成功するコツ

  • 高学歴から来るプライドを、捨てる
  • 学力以外の、自分の特性・適性にも目を向ける【フラットな視点にて、タグづけ】
  • 学力を活かし、資格を取得してから就活するのもあり
  • ひとりで抱え込まない

 


高学歴の方は、「学習する能力」において、他のフリーターにない圧倒的強みを持っているのは確か。強みを活かして、資格を取得するのもあり。一方で、「学歴」にこだわりすぎると、プライドが強くなり目が曇りがち。本当の自分の特性を見極めることで、充実した人生が掴み取れる予感です。

 

 

「やりたいことが見つからない」「夢を諦め切れない」方も、いちど就職を経験するのもアリ。安定・安心を経験することで思考に余裕が生まれ、見えてくるものもあるはず。

 

 

迅速に行動し、いろいろ体験してみることで、人生の経験値を高めていきましょう。未来に向け一歩踏み出すあなたを、応援してます。

 

 

 

 

✔合わせて読みたい

 

 

~おすすめ記事一覧~

 

【仕事・就職・転職】 

✔フリーターの就職

f:id:rgrey:20201215204022j:plain  f:id:rgrey:20201215213440j:plain

 

✔好きを仕事に

f:id:rgrey:20200828135239j:plain

 

 

昆虫・生物

f:id:rgrey:20200805120433j:plain

 

 

 

【音楽】

f:id:rgrey:20200721190355j:plain  f:id:rgrey:20200722231914p:plain

 

 

 【ハーブティー】 

f:id:rgrey:20200127195815j:plain  f:id:rgrey:20200401215249j:plain

 

 
 
 

~新着記事一覧~