あ〜るぐれいはいかが?

あ〜るぐれいはいかが?

理科系雑記ブログ。潰瘍性大腸炎やその他健康、生物(昆虫など)、音楽、ブログ運営など。 くつろぎと思索のひとときを。

【DIY】電子ドラムの騒音対策はこれで完璧!消音性の高いパーツ&自作で簡単に作れる防音装置

 

電子ドラムを練習したいのだけど、騒音が心配…。対策方法があれば教えてほしい!

 

こんな疑問・悩みを解決する記事です。上記のような方はご安心ください!

 


ドラムといえば、大がかりな楽器。スタジオに行かなければ練習できないところを自宅でも練習可能にしてくれる夢のアイテム、それが「電子ドラム」です。

 

 

しかしながら、電子ドラムを練習する上でしばしば問題となるのが「騒音問題」です。

 

 

結論、実は電子ドラムの騒音は簡単に対策可能です。

 

 

この記事では、

 

✅消音性の高い電子ドラムパーツ
✅DIYで出来るカンタン騒音対策法

 

この2つについて解説していきます。

 


この記事の内容を実践すれば、もう騒音問題に悩まず、思いっきり電子ドラムを叩けますよ

 

 

それでは早速

 

 

 

 

 

 

騒音の発生する原理は?

f:id:rgrey:20191020171402j:plain

そもそもどうして電子ドラムは騒音が発生するのでしょうか?

イヤホン等をして演奏していると、直接音が出ているわけではないのに、不思議ですよね。

 

 

電子ドラムの騒音は主に以下の2種類に分けられます。

 

  • 叩いた際のアタック音
  • 床に伝わる振動

 

アタック音については分かりやすいと思います。単純にスティックで打面を叩いた際に発生する音ですね。

 

もう一つは床に伝わる振動。電子ドラムと床が接していることで、スティックで打面を叩いた際、キックペダルを踏んだ際の振動がダイレクトに床に伝わる仕組みなのです。

 

 

そしてこの2つの騒音は、どちらも対策可能です。解説していきますね。

 

 

消音性の高い電子ドラムパーツ

f:id:rgrey:20200119223117j:plain

まずは、電子ドラム本体の方で騒音対策する方法です。まだ電子ドラムを購入していない方向けです。

アタック音については、こちらの対策がメインになります。

 

電子ドラムという楽器は種類グレードメーカー等によって付属のパーツの種類が変わってきます。

 

 

その中でも、騒音に関係するパーツは下記の2つ。

 

 

  • 打面(パッド)
  • キックペダル

 


消音性の高い打面(パッド)は?

 

電子ドラムのパッドは主に3種類あり、以下の通り。

 

 

  • ゴムパッド
  • メッシュパッド
  • シリコンパッド

 

 

この3種類のパッドにおいて、最も消音性の高いパッドは「メッシュパッド」です。

 

 

ゴムパッドは、叩いた際に「ポクポク」という割と大きめの生音が鳴ります。

 

 

メッシュパッドとシリコンパッドは打音が比較的静かなのですが、より消音性の高いのはメッシュパッドです。メッシュパッドは「シャッシャッ」という小さな音が聞こえる程度なので、作りにもよりますが部屋の外で聞くとほとんど気にならないと思います。

 

 

メッシュパッドを多く使用している電子ドラムメーカーといえば、「ローランド」。

電子ドラムの購入がまだの方は、下記の記事を是非参考にしてくださいね。

 

www.rgreyikg.com

 

 

消音性の高いキックペダルは?

 

キックペダルは主に2種類あり、以下の通り。

 

 

  • ペダル式
  • スイッチ式

 

 

このうち、消音性が高いのはスイッチ式です。

 

 

ペダル式は、本物のアコースティックドラム同様、ピーターが打面を叩くことで音が出ます。打面に当たる際に振動が発生してしまうわけですね。

 

 

これに対してスイッチ式は、踏み込むことでスイッチを押し、内蔵されている音源を鳴らす仕組み。物理的なアタック音はペダル式に比べかなり小さいです。

 

 

 

 

www.rgreyikg.com

 

 

DIYで電子ドラムの騒音・振動対策する方法(DFS・ディスクふにゃふにゃシステム)

 

さて、もう一つの騒音対策法が、DIY、つまり自作で騒音防止装置を作る方法です。すでに電子ドラムを購入している方向けの騒音対策法です。

 

床に伝わる振動対策に効果的です。

 

 

実は騒音防止装置は簡単に作ることができるのです。
必要な材料は、以下の3つだけ。

 

 

  • ベニヤ板
  • 防振マット
  • バランスディスク

 


バランスディスクを使用するので「ディスクふにゃふにゃシステム(DFS)」なんて呼ばれてます。

 

 

では、これらを組み合わせて、自作の騒音防止装置を作りましょう!

完成図は以下の感じです。

 

 

必要な材料


①防振マットor子供用マット

 

まずは一番下に敷く、防振マット。勿論他のマットでも代用可能だとは思われますが、やはり防振マットが最も効果的。(そんなに色々試したわけではないですが、、)

 

 

下記のものだと他の方も使用されており、間違いないかと思います。

 

 


②バランスディスク(4個)

 

これが振動を吸収する張本人。とはいえ、安いものでOK。

 

下記の商品なら安いうえ、耐荷重250kgまでなので安心です。4個必要なので、2個入りを2つ購入すればOKです。

 


③ベニヤ板

 

ベニヤ板は、厚さ12mm程度のものが最も適しているようです(皆さんこの厚さにしてるよう)。

 

 

大きさは、750mm×1300mm以上あれば大丈夫です。

 

 

薄すぎると耐久性が心配ですし、厚すぎると重くなってバランスディスクに負担がかかりすぎますので。

 

 

ベニヤの「構造用合板」が頑丈でおすすめです。ホームセンターで手に入ります。

 


手順

 

①まず、電子ドラムを置きたい部分に防振マットを敷きます。(電子ドラムを置く部分だけで大丈夫。部屋全面に敷く必要はありません。)

 

②次に、防振マットの上にバランスディスクを4個もしくは6個乗せます。お使いの電子ドラムの形状や大きさによって個数を調整しましょう。等間隔に間を開けて広げて置くと安定します。

 

③最後に、バランスディスクの上にベニヤ板をひいて完成!

 

 


あとは、お使いのドラムマットをベニヤ板の上に敷き、電子ドラムを乗せれば、使用できます。

椅子はDFSの上には乗せないようにしましょう。DFSの厚みの分、椅子を高めにしておきましょう。

 

 

効果はある?安定感は?

 

DIYと侮ることなかれ、結構効果があって凄いんです。床を通じて伝わっていた振動が9割カットになった印象。特にバスドラムの音がかなり小さくなります。


ドスドスうるさいのって、ほぼバスドラムだったんですねー。

 


DFSが何故、騒音防止効果があるのか

 

DFSの騒音防止効果の秘密は、ズバリ、「バランスディスク」にあります。

 

 

バランスディスクの表面には、トゲトゲした小さな突起がありますよね。バランスディスクを真ん中に置くことで、電子ドラム側のベニヤ板と床側の防振マットの接地部分は、「バランスディスク表面のトゲトゲの先端部分のみ」になります。

 

 

つまり、電子ドラムと床との接地面積が極限まで小さくなり、衝撃が伝わりづらくなるのです。

 


あと、気になる安定感ですが、演奏するうえではほぼ気になりません。

電子ドラムのタイプにもよりますが、自立式のハイハットを使ってる方によると、少し揺れる程度みたいですね。気になるレベルでは無いそう。(個人の意見ですので、多少の感覚の違いはあるとは思いますが。)

 

 

 

騒音対策をして、思いっきり電子ドラムを叩こう!

ドラマー

今回は、電子ドラムの騒音対策法について紹介しました。

 

 

騒音を気にしなくて良くなれば、昼夜問わず思いっきり電子ドラムを練習できるようになりますよー!

 

 

 電子ドラム演奏を楽しみつつ、ドラムの技術を上達していきましょう。 

 

 

それでは、楽しいドラムライフを満喫してくださいね。 

 

 

今回はこの辺で。

 

 

 

あなたにおすすめの記事

www.rgreyikg.com

 

~おすすめ記事一覧~

 

【ブログ運営】

f:id:rgrey:20200511172144j:plain f:id:rgrey:20200519211202p:plain

 

 

【健康】

 f:id:rgrey:20200127195845j:plain f:id:rgrey:20200128181907j:plain

 

 

 

 【ハーブティー】

 

f:id:rgrey:20200127195815j:plain 

 

 

 

【音楽】

f:id:rgrey:20200226114853j:plain 

 

  

 

【アニメ】

f:id:rgrey:20200313143339p:plain f:id:rgrey:20200128182722j:plain

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

~新着記事一覧~