あ〜るぐれいはいかが?

あ〜るぐれいはいかが?

理科系雑記ブログ。潰瘍性大腸炎やその他健康、生物(昆虫など)、音楽、ブログ運営など。 くつろぎと思索のひとときを。

King Gnuおすすめ曲ランキング+魅力紹介!【珠玉】

King Gnu(キングヌー)のおすすめ曲
「King Gnuのおすすめ曲」

「King Gnuの魅力」

について紹介していきます。

 

2019年に突如としてJ-POP界に現れた異色バンド、「King Gnu」。紅白歌合戦にも出場し、今や全国的に知名度を誇るアーティストですね。

 

実は筆者、KingGnuがインディーズだった頃から密かにファンでした。

 

この記事では、そんなKingGnuの魅力について存分にご紹介したいと思います!!
KingGnuのおすすめ曲ランキングも勝手に発表しますね♪

 

KingGnu好きには勿論、まだKingGnuをあまり聴いたことがない方にも届けば嬉しいです(^o^)

 

 

 

 

 

King Gnuとは?

King Gnuのメンバー

まずはKingGnu初心者の為に軽く紹介します。

 

✔King Gnuのメンバー

  • 井口理
  • 常田大希
  • 新井和輝
  • 勢喜遊

 

「King Gnu(キングヌー)」は日本の4人組ロックバンド。2017年結成です。

前身バンドは、「Srv.Vinch」。筆者はSrv.Vinch時代から密かに聴いていました。

 

他のバンドとは一線を画す前衛的な雰囲気、また音楽的に見て圧倒的な水準にあるクオリティの高い楽曲。斜めから見ても真っ直ぐから見ても尖っている、そんな新進気鋭のバンドです。

 

 

 

 

 

King Gnuの魅力

 

King Gnuの魅力①演奏が滅茶苦茶ハイレベル

King Gnuの演奏シーン

まず、King Gnuはメチャクチャ演奏が上手い。楽器経験者ならわかると思いますが、割と異次元レベルです。

 

King Gnuは、

Vo./Key. 井口理
Gt. 常田大希
Ba. 新井和輝
Dr. 勢喜遊 

の4人から成りますが、全員が全員、ハイレベルな技量を持っています。

 

 

Vo./Key. 井口理

 

東京藝術大学・声楽科出身である井口さん。男性の域を超えたような、極めて高音域に届くファルセットが魅力ですね。また文字通り7色の声を出すことができ、全く別人のような声色を何種類もレパートリーとして持っています。

 

KingGnuの楽曲はしばしば「パーティー感(常田さん談)」を出すために、多様な年齢性別の人々を感じさせるような重厚なコーラスが入れられています。そして、そのコーラス=多種多様な人々の声を、井口さんが一人で出しているというから驚きです。

 

ユーモアたっぷりの人柄も魅力で、尖った雰囲気のあるKing Gnuをマイルドにしていますね。

 

ギターの常田さんとは幼馴染です。

 

 

Gt./Vo常田大希

 

King Gnuの楽曲の作詞作曲を手がける常田さん。その才能はギターだけには留まりません。チェロ、ピアノなど多くの楽器を高いレベルで弾きこなし、東京藝術大学時代に専攻していたチェロは小澤征爾氏の楽団で演奏したことがある程の腕前。

 

また常田さんの才能は、天下の東京藝術大学においても持て余した模様。「社会と繋がった音楽がしたい」という理由で東京藝大を中退した後、個人として映画音楽など幅広く音楽活動をしていました。

 

現在でもKingGnuと並行して、個人プロジェクトも展開
・「Millennium parade」大衆向け要素が強いKing Gnuとは一味違い、更に芸術的要素の強い音楽を作るソロプロジェクト
・「PERIMETRON」King Gnuを始め様々なバンド、ブランドの映像作品を手掛けるクリエイター集団
などを手掛けており、才能を活かし幅広く活動しています。

 

 

Ba.新井和輝

 

確かな技術を持ちながら、遊び心あるベースを演奏する新井さん。

音大出身ではありませんが、14歳から始めたというベースの腕前は、大学当時で国立音大公認の名門学生ジャズバンド「NEWTIDE JAZZ ORCHESTRA」に参加するほど。ブラックミュージックにルーツを持つ彼のベースは、King Gnuの楽曲に唯一無二のグルーヴを加えています。

 

特に聴いてほしいのは、「Flash!」のベースライン。一見すると、ワウを掛けたファンキーな音色で、フラフラとメロディーを弾いているようなプレイ。しかし曲の中でコード感と噛み合うこのウォーキングベースは、新井さんのセンスを一発で理解させられますね。

 

 

Dr.勢喜遊

 

元ダンサーのドラマー、勢喜遊(せきゆう)さん。初見だと読み方わからないですよね。外国人さながらの、躍動感溢れるhip-hop調のビートが抜群に上手いドラマーです。

両親がプロミュージシャンの家庭に生まれ、元々はダンサー志望でしたが、高校からドラムを始めました。踊るようにドラムを叩く姿には、間違いなくダンス経験の賜物でしょう。

 

また、サンプラーの演奏も非常に上手く、「白日」では一曲の中で生ドラムとサンプラーを見事に演奏分けしています。自然に体が動き出すような、躍動感溢れるライブパフォーマンスは必見です。

 

 

 

King Gnuの魅力②あらゆるジャンルの音楽を取り込む、唯一無二のスタイル

King Gnuのメンバーのおしゃれな写真

KingGnuの楽曲は、ギターの常田大希さんが作曲しています。常田さんは東京藝術大学に飽き足らず中退し、個人で音楽活動を展開してきた、まさに鬼才。

 

そんな常田さんは世界中の多様な音楽に精通しています。幼少期からジミー・ヘンドリクスを始め洋楽を聴いていたという常田さん。東京芸大時代はチェロを専攻し小澤征爾氏の楽団でも演奏したことがあるほどの腕前です。

 

そんな常田さんが、自身のルーツにある音楽を元に、圧倒的技量を持つ他のメンバーと共に作り上げた唯一無二のスタイル。このKingGnuのスタイルは、「トーキョー・ニューミクスチャー・スタイル」と呼ばれており、今の日本音楽界のレベル自体を数段階上げるものではないかとさえ感じるのです。

 

✔Vinylがわかりやすい

 

KingGnuの曲が如何に様々な音楽を取り込んでいるかを感じるには、「Vinyl」を聴くと分かりやすいかもしれません。

 

まずイントロから始まる、軽快なドラムのビート。これは専門的には「16ビートのシャッフル(ハネたリズム)」と言われるリズムであり、いわゆるhip-hopのリズムです。

 

次にサウンド。盛り上がるサビや間奏を聴くと分かりやすいのですが、歪んだエレキギターが目立ちます。ダークな雰囲気を持ちつつも、非常にロックなサウンドです。

 

お次はメロディーに注目。クセが強そう…と感じそうなKingGnuですが、非常に耳に残りやすいキャッチーなメロディーをしているのです。「Vinyl」も然り。サビの繰り返しのメロディー、イントロ&Aメロに登場する階段状のメロディーなど、一回聴いたら忘れないような王道J-POPの要素を感じます。

 

そして常田さんの見せ場・ギターソロ。Vinylのギターソロは間奏とアウトロの2回。常田さんの独壇場であるソロのメロディーは、どこか交響曲のフレーズを思わせるような、厳かさすら感じるメロディーです。クラシックの影響を感じます。

 

最後に歌詞にも耳を傾けてみましょう。
「喧騒に上がる煙に薪をくべろ」
「この身など博打だろ?清々するぜ」
「最後の最後には にやりと笑ってみせる」
…クソ格好よくないですか?
歌詞からは、アンダーグラウンドな雰囲気を感じさせる、ロックな世界観を垣間見ることができます。

 

そしてこれらを1つの曲として集約する、KingGnuのバンド全体のレベルの高さも際立たせていますね。

 

 

 

 

King Gnuの魅力③常田が立ち上げたアーティスト集団による、現代アートさながらのMV

PERIMETRONのロゴ
 

KingGnuのMVは、常田さんが立ち上げたクリエイティブレーベル「PERIMETRON」が制作。 毎曲ごとに非常に芸術的でハイセンスなMVを発表しています。

 

PERIMETRONは元々、常田さんが1人で展開していた音楽レーベルでした。そこに彼の感性に賛同するフリーランスのアーティスト達が加わり、現在の形が作られてきました。現在ではKingGnuに留まらず、TempalayやWonkなどの若手バンドのMV、またuemuraやFILAといった世界的ファッションブランドの映像など、ジャンルに囚われない活動を展開しています。

 

時代の最先端を行く音楽家とアーティスト達が出会い生み出された、世界基準のMVは必見。

 

 

 

King Gnuの魅力④ファッションもおしゃれでハイセンス

 

時代の最先端を行くアーティストKing Gnuは、ファッションもおしゃれ。

古着を織り交ぜたMIXスタイルが多く、オリジナリティ溢れるファッション。毎回違う一面を見せてくれます。

 

 

 

 

 

King Gnuのおすすめ曲ランキング

 

 

King Gnuおすすめ曲ランキング第5位:白日

www.youtube.com

おそらく最も有名な、KingGnuのブレイク曲です。ドラマ主題歌として抜擢され、KingGnuの名を一気に全国区にしました。

 

メジャーな曲ながら、音楽的にかなり凝った技術も使われています。Aメロで用いられている「Cm7」と「C7」の使い分けは舌を巻きます。

楽器をやっている方にもおすすめの一曲。ギターをやっている人にはコード感、ドラムの方には間の開け具合など、参考になる部分が多いです。思わずニヤケてしまうような、垢抜けたおしゃれさ。一つ上のレベルの曲を演奏してみたい方は、何度も聴き込みつつ練習してみましょう。

 

 

 

 

 

King Gnuおすすめ曲ランキング第4位:Prayer X

www.youtube.com

King Gnuおすすめ曲ランキング第4位は「Prayer X」。

アニメ「BANANA FISH」のエンディング曲であり、King Gnu初のタイアップです。

 

美しく透き通る井口さんのファルセットが、最も映える一曲なのではないでしょうか?

アニメ風のMVは、一人の男の苦悩を多角的に描いた作品。アーティスティックな色が強いですが、その中にストーリーがあり、どこか共感を感じる不思議な世界観ですね。

 

 

 

King Gnuおすすめ曲ランキング第3位:Tokyo Randez-Vous

www.youtube.com

 

King Gnuとして最初の発表曲。

 

強烈なメッセージ性のあるMVは必見です。東京という街で自分を押し殺して生きる「無個性」の象徴「サラリーマン」。サラリーマン達の乗る電車に、個性的で異質な格好の常田さんが乗り込んでくるシーンで1番がスタートします。

 

「お前が見てる世界なんて狭い人間関係の中だけ、こんな人達もすぐそばにいるんだぜ!」と言われているようですね。

 

 

King Gnuおすすめ曲ランキング第2位:Slumberland 

www.youtube.com

常田さんが語っていた「パーティー感」のある曲、代表的なのがこの「slumberland」でしょう。KingGnuの世界観が濃く出ている楽曲ですね。

ストリングスをリフに使う斬新なイントロから始まり、常田さんが拡声器を使い歪んだダミ声でロックを歌う、ダークでアングラで高揚感たっぷりのナンバーです。夜の街との相性抜群。

 

「嘘」「薄っぺらい」社会を真っ向から風刺した、まさにロックンロールな曲でもあります。MVもメッセージ性とシュールさを絶妙に含む、尖った作品になっています。社会の表の顔・アナウンサー達を縛り上げ、放送スタジオをジャックし、踊り狂うKingGnu。最終的にはアナウンサー達もKingGnuのメンバーや気味の悪い人形達と共に、狂ったように踊り出します。

 

井口さんのMステでのパフォーマンスが話題になったのもこの曲です。

 

 

実は、Srv.Vinch時代に既に「slumberland」の原型となる曲「PPL」が存在していました。現在のslumberlandに比べるとややテンポが遅め、展開は全く異なります。ポップ雰囲気が強い現在のslumberlandに比べると、ダークさ、退廃的な雰囲気を感じます。ファン必聴ですね。

 

「PPL」収録アルバム『Mad Me More Softly』

 

 

 

King Gnuおすすめ曲ランキング第1位:Vinyl

www.youtube.com

 

srv.Vinch時代から歌い継がれているKingGnu屈指の名曲です。先ほど「KingGnuの楽曲のスタイル」の部分でも紹介しましたね。

hip-hop・ロック・J-POP・クラシックなど様々なジャンルの音楽の要素を取り入れた、非常に音楽的にもレベルの高い一曲です。そうでありながら「詰め込んでる感」は無いんですよね…絶妙なバランス感覚。

 

騒がしい夜の街を横目に歩きながら、聴きたいですね。

 

ちなみにsrv.Vinchバージョンは一味違ったアレンジとなっており、歌詞や展開もKingGnuバージョンとは異なります。今ではもう聴けない「幻のVinyl」、こちらもファン必聴ですね。

 

 

 

 

King Gnuおすすめの聴き方



個人的に、King Gnuの楽曲と相性が良さそうだと思うシチュエーションを考えてみました。

 

夜のドライブ

 

夜中に車を走らせつつKing Gnuを流せば、これは間違いない相性ですね。アングラな雰囲気を纏いつつも高揚感のある「Flash!」「slumberland」「Vinyl」、アクセントとなるバラード系「Prayer X」「The hole」などなど、夜のドライブの最高のスパイスになりますね。

 

ちなみに上の車の写真を見てどの曲のMVか分かってしまったあなたは、割とマニアだと思います。おめでとう\(^o^)/

 

 

 

King Gnuを聴いて、時代の最先端を先取り!

King Gnuのメンバー
 

疾風の如く現れ、瞬く間に日本音楽界にその名を轟かせた「King Gnu」。今後も更なる進化を遂げ、音楽業界全体のレベルを底上げする存在になることは間違いないと思います。

 

彼らの活躍からは目が離せませんね。

 

 

 

~おすすめ記事一覧~

 

【潰瘍性大腸炎】 

f:id:rgrey:20200717154512j:plain  f:id:rgrey:20200722231840p:plain

 

 

【ブログ運営】

f:id:rgrey:20200722215753j:plain  f:id:rgrey:20200504161718j:plain

 

 

【音楽】

f:id:rgrey:20200721190355j:plain  f:id:rgrey:20200722231914p:plain

 

 

 【ハーブティー】 

f:id:rgrey:20200127195815j:plain  f:id:rgrey:20200401215249j:plain

 

 
 
 

~新着記事一覧~